皮膚とカルシウム(Ca)の関係

リスブラン化粧品TOP > 美容お役立ちInformation > 
皮膚とカルシウムの関係

皮膚とカルシウム(Ca)の関係

“カルシウムが酵素を活性化”

表皮構造

カルシウムと聞くと堅い骨を作るイメージが強いし、肌とは遠い関係と思われがちですが、肌形成にも大きく貢献しています。

表皮の角質層(一番外側の層)をつくる角質細胞の膜は、他の細胞の膜より厚い『肥厚細胞膜(ひこうさいぼうまく)』と呼ばれます。肥厚細胞膜が作られることで、紫外線などの外からの刺激から守るバリア機能が高まったり、弾力や水分の保持する働きが高まります。

 

顆粒層で、酵素により肥厚細胞が作られ、角質細胞になります。この酵素は『表皮トランスグルタミナーゼ(TGase)』と言い、この酵素を活性化させるのに必要不可欠なものが、カルシウムです。

つまりカルシウムが足りないと充実した角質層が作られません。肥厚細胞膜を作る工程は、肌の新陳代謝(肌のターンオーバー)の一環ですので、カルシウムの不足は、新陳代謝の低下につながります。

肌にCaが十分ある場合

Ca充実
  • 角質層に厚みがあり、キメが細かい肌。
  • 外部刺激に対するバリア機能が高い。
  • 水分保持の働きが高まり、潤い・透明感のある肌になる。
  • 肌のターンオーバーが適切になる。

肌にCaが不足している場合

Ca不足
  • 角質層が薄く、キメが荒い肌。
  • 外部の刺激で、肌荒れしやすい。
  • 乾燥肌・くすんでいる肌。
  • 肌のターンオーバーが遅くなる。

肌にカルシウムを補うには?

カルシウムは食事と肌、両方から摂り入れると効果的です。

◎食事から摂る

カルシウムを一番多く取り入れることが出来るのは、日頃の食事からです。

食事で摂り入れたカルシウムは、骨だけでなく肌など全身で使われれます。

食事で不足している方は、医薬品や健康食品などで不足分をフォローすると良いでしょう。

※ 過度なカルシウムの摂取は、高カルシウム血症を引き起こすので、用法・用量は守りましょう。

◎直接、肌に取り入れる

医薬部外品や化粧品でカルシウムを皮膚から直接補う方法です。

直接補うことで、効果的に肌の状態を整えることができます。

 

Pick Up Item

リスブランカルシウムライン

カルシムライン

 

皮膚からの吸収性を高めたカルシウムゾルが、
肌に直接カルシウムを補い、肌本来の生理機能を高めます。